top of page
  • 執筆者の写真Kazuhiko Hashimoto

アパレルOEMブランドの織ネームについて

ブランドの織ネームは、アパレル製品における重要な要素の一つです。

その大きさや素材は、ブランドのイメージや製品の品質を伝えるために大変重要です。


















まず、織ネームの大きさについて考えてみましょう。

適切な大きさを選ぶことは、ブランドのスタイルやデザインに合わせた重要な決定です。

大きすぎると派手になりすぎたり、逆に小さすぎると存在感が薄れてしまうかもしれません。

ブランドの認知度を高めつつ、製品に独自のアイデンティティを与えることがアパレルOEMの楽しさのひとつです。
















さらに、織ネームの素材も重要です。品質の良い素材を選ぶことで、製品全体の高級感や耐久性を向上させることができます。

一般的には、織りタイプのネームやシルクスクリーン印刷のネームがよく使用されます。

繊細で柔らかい織りタイプのネームは、洗濯や摩擦にも強く、長期間の使用にも耐えます。一方、シルクスクリーン印刷のネームは、鮮やかなカラー表現が可能であり、特にデザインにこだわる場合に適しています。
























最近の傾向としては、ラバー素材のネームを採用される人が多くなりました。

また、商品本体のMOQが100枚になったのとあわせて、織ネームのMOQも100枚となり、

気軽にブランドのアピールもしやすくなりました。


織ネームは、ブランドのアイデンティティを表現する重要な要素です、お客様にブランドの価値を伝える助けとなります。

ブランドのイメージや製品のコンセプトに合わせて、織ネームのデザインを検討してみてください。



閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page